親子の「えがお」 のために

NPO法人えがおの家

NPO法人えがおの家は、
自殺、貧困、虐待といった社会問題から
「子どもたちを救いたい」という
理事長 青木昌由美の想いに
賛同した人たちが集まり、
任意団体として活動が始まりました。

しかし、子供たちだけでなく、
実は子供たちを育てる親自身が
苦しみや不安を抱えている、
という問題があり、

親と子が笑顔で暮らせるよう

「親子を救う」

ということを活動目的をに据え、
2021年4月、NPO法人えがおの家として
本格的に活動を開始いたしました。

活動支援のお願い
こちら

ごあいさつ

「えがおの家」代表
  青木 昌由美 です。

私はこれまで、

誰にも⾔えず、
様々な苦しみを抱えている⽅々、
主に⼥性のお悩みに12年間お応え続け、
延べ1万⼈以上のお悩みに
向き合ってきました。

そして、
もっと沢⼭の⽅のチカラになりたいと、
⾃分の⼼に寄り添い、
⾃分⾃⾝で悩みを解決できる、
⼼理学やセミナーに注⼒して参りました。

なぜ「えがおの家」を?

幼い頃の懐かしい記憶がありました。
決して裕福ではなく、両親もケンカばかり。
それでも、
近所の⽅が何かと気にかけてくださり、
お互いが助け合う温かいつながり。

しかし今を取り巻く環境は、
専⾨分野ごとの相談窓⼝は
多く点在するものの、
悩み、苦しみ、話を聞いて欲しい、
あなた⾃⾝を丸ごと受け⼊れてくれる
そういう場所がない

どこに何を相談すれば良いのか…
聞いてくれるだけでもいいのに…

何をどうしていいか分からなくて苦しい現状

これを⽬の当たりにし、
私のこの想いはさらに強くなりました。

ずっと思い描いていた、
どんなお悩みや苦しみも相談できる
寺⼦屋スタイル「えがおの家」
を創ろうと決⼼したのです。

「えがおの家」誕生

この想いに、セミナーや心理学受講者の⽅、
同じ悩みをもつ方々が
賛同してくださいました。

また、全ての悩みや苦しみを
受け⼊れることができる、
⼼理学を学んだ講師が育ちました。

こうして、皆様の様々な問題を
クリアにできる基盤が整い、

2020年4月、京都市右京区京北に
「えがおの家」が誕生いたしました。

私たちのコンセプト

🍀笑顔を増やすこと​

🍀人が喜ぶこと

🍀人の役に立つこと

⼈の悩みは様々です。
親⼦はもちろん、
夫婦、仕事、⼦育て、介護、孤独…
シングルマザーやシングルファーザー
頑張る皆さん…

悩み苦しむ全ての⽅、
⼤⼈も⼦どもも、
みんなが集い笑顔溢れる
「えがおの家」を創造していきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。